名古屋四日市国際港湾

HOME > 伊勢湾の優位性

伊勢湾の優位性

ものづくり産業を支える伊勢湾

伊勢湾(名古屋港・四日市港)は京浜港(東京港・横浜港・川崎港)や阪神港(神戸港・大阪港)とも肩を並べる日本屈指の取扱貨物量を誇り、中部地域に集積する国際的な「ものづくり産業」のみならず、全国の産業活動や国民生活も支えています。

 

また、伊勢湾は国土のほぼ中央に位置し、高規格幹線道路などと直結しており、ロスのない『海・陸一貫輸送が可能』となっています。
更に、中部国際空港も加えた海・陸・空の最適輸送モードが選択可能となっています。

 

ものづくり産業を支える伊勢湾

 

 

伊勢湾(名古屋港・四日市港)は、原材料や半製品を輸入し、臨海部コンビナートに集積する 高度な部材型産業や、背後圏に立地する基幹・次世代産業である自動車関連産業や航空機産業などにおいて、高付加価値化された製品を輸出しています。

 

 

ものづくり産業を支える伊勢湾

 

充実した道路ネットワーク

伊勢湾は、東名高速道路や名神高速道路をはじめ、中央自動車道、東海北陸自動車など、充実した 高速道路ネットワークにより、中部地方はもとより北陸地方や東西経済圏とも円滑に結ばれています。
また今後は新東名高速道路や新名神高速道路の整備に加え、東海環状自動車道や名古屋第二環状自動車道といった環状道路が整備されることにより、伊勢湾へのアクセスがさらに向上します。

 

高速道路主要ICから伊勢湾最寄ICまでの距離・時間・高速料金(特大車)

※地図をクリックすると拡大表示されます。

 

高速道路主要ICから伊勢湾最寄ICまでの距離・時間・高速料金(特大車)


凡例

 

今後の高速道路網の整備・開通予定

今後の高速道路網の整備・開通予定

 

物流の定時性の確保

高速道路の渋滞区間は、京浜・阪神地区周辺に集中しています。
伊勢湾周辺は、比較的渋滞が少なく、物流の定時性の確保が可能です。
また、伊勢湾周辺では高速道路だけではなく、一般道・港湾周辺の臨港道路の整備も進んでおり、さらなるアクセス向上が期待できます。

 

伊勢湾利用企業の声

・日本の中心に位置する地理的なメリットに加え、新名神、東海環状の整備進展で他港より道路網が優位になってきている
(飲食料品製造販売業)
・複数の高速道路があるため、事故渋滞などを避けることができる (自動車部品製造業)
・高速道路網整備による更なる輸送コスト低減、定時性の確保を望む (自動車製造業)

トップへ戻る